佐史建設からのご挨拶

daihyou

先代の社長(父)、専務(母)の真面目で堅実な経営と地域のお客様のおかげで何とかバブル崩壊後も会社を存続し、妹と私も無事に育てていただきました。

私、本人もこの多賀城市というところに生まれ、育ち、家を建て、35年の住宅ローンを組み2人の子供をこの地域で育てています。地域の皆様に助けられながら素直な心と感謝の気持ちを持って経営することをモットーに奮闘しております。

少子化に向かっていく日本の社会において家を建てる人は年々少なくなっています。

2030年には50万戸といわれる厳しい時代ですが、家に関する仕事を大きくとらえ常にアンテナを貼りながらニーズの変化に対応していき、そして、地域で仕事をし、利益を生み出し、その利益を地域に還元するという経営サイクルを続けていくことを目標とします。

 

株式会社 佐史建設 副社長 佐藤 貴史